生活動線を考慮したスイッチ

おはようございます
クリエイション江口の髙橋です

昨日大工さんがスイッチの位置について話をしていたので、
新しいお家でこういうことが起きたら困るだろうなぁ…

ということを書いてみます!

キラキラ

しかし夜にお家に帰ってきて、玄関の扉を開けると・・・

to:01″ width=”220″ height=”165″ border=”0″ data-entry-id=”11990960478″ data-image-order=”2″ data-image-id=”13060081405″ />

こんなに真っ暗~

そして、玄関のスイッチの位置が分からずにいっつも暗い中、

手さぐりになってしまう・・・しょぼん

お仕事でお疲れの中や買い物で荷物が多い時だと大変です。

私も仕事帰りに買い物によると両手はいっぱいになります

こういうことは建てた後に、
実際に生活してからご不満が出てくることがよくあるそうです

実際の生活を考えず、
そしてプラン中にはスイッチのことまで頭が回らなかったから・・・

と見落としがちになってしまっていることでもありますダウン

アップ

また、スイッチではなく人感センサーを付け、
玄関に入ってすぐに明かりが付くような仕掛けだとよりお勧めですグッド!

玄関ホールにあるからいいわと簡単に考えず、
しっかりと生活動線を考えたスイッチ計画を検討してみてください!!